離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

離婚前後に受けられる支援について

離婚前後に支援を受けることができることをご存じですか?

離婚するにあたり、経済的な面ではもちろん、物理的・精神的に生活していくことが難しいと考えていませんか?そんなことはありません。まずお住まいの市区町村のサイトをチェックしたり、役所で相談してみて下さい。きっと力になってくれるはずです!行政では、金銭的な部分だけでなく、住居や法律、精神面への支援を行っています。安心して行動を起こすためにも、離婚前後にも受けられる支援があるので参考にしてください

必見 養育費問題に強い弁護士をお探しの方はこちら

支援内容はお住まいの市区町村によって異なる

国が実施している公的支援であれば、どこに住んでいても受けることができますが、各自治体が行っている支援については、お住まいの市区町村によって異なるため、市区町村が主体となり実施している支援は、自治体によっては受けられないこともありますので、お住まいの市区町村で受けられる支援をあらかじめ確認しておくといいでしょう。もし、新天地で再スタートを切ろうとお考えの方は、支援が充実している市区町村に引っ越しをするのも一つの手です!

多くの公的支援は自ら申し込む必要があります

自動的に受けられる支援はほとんどありませんので、離婚届を提出する時や住民票を移したときなど、役所の方が案内をしてくれる支援もありますが、なかには申込期限が限られていたり、自ら申し出なければ受けられなかったりする支援もあります。知らずに損をすることもあるため、自らアンテナを張り、情報をキャッチできるよう準備しておくといいでしょう

即日対応は難しい

経済的支援においては、多くの場合、数ヶ月に1度など、支払日が決まっています。また、子どもの学校に関する支援の場合は、支払うべき金額を直接学校に支払ってくれるケースもあります。つまり、今すぐにお金を貸してくれるといったわけではありませんので、ある程度、下調べを行い、現金の準備はしておいた方が安心かもしれません

ほとんどの経済的支援は所得制限がある

支援を申請する際、自分の所得を証明するよう求められることがあります。必要書類は自治体や内容で異なりますが、世帯ごとの所得を見るケースが多いようです。個人の所得が少なくても、同居家族の所得が多いときは受けられない支援もありますので注意が必要です。生活費を誰かから受け取っている場合は、公的な経済支援を受けることはできないということになります。

離婚前に受けられる公的支援について

種類はそれほど多くはないですが、離婚する前でも受けられる支援があります。離婚に向けての話し合いが難しいときは、諦めず、勇気を出して問い合わせてみることをおすすめします。必ず力になってくれることでしょう。

ひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。未払い養育費代理請求ドットコムでは、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

未払い養育費代理請求ドットコム

・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

ひとりで悩まずにまずは無料相談を!

養育費をちゃんともらえてますか?
未払い養育費を代理請求してくれるところがあるんです!

財産分与や子どもに関する事項についての合意に関して一定の条件を満たす公正証書を作成しておくと相手が合意を守らない場合、家庭裁判所の調停や審判の手続をしなくてもその公正証書を基に強制執行の手続きをすることが可能です

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

市区町村で実施されている法律相談

お住まいの市区町村のサイトや広報などで、相談窓口の案内がされています。常時開催されているわけではなく、多くのケースで日時などが限られています。予約が必要なこともありますので、あらかじめ問い合わせて確認してみてもいいかもしれません。

ほかにも相談機関があります

全国の養育費相談窓口一覧

厚生労働省は、母子家庭等自立支援の一環として、 平成19年度に各地方自治体の母子家庭等就業・自立支援センターに養育費専門相談員を配置することを決定しました。養育費相談支援センターを東京に設置し、 社団 ...

続きを見る

Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2021 All Rights Reserved.