離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

「ひとり親の貧困」の 最大の原因は養育費の未払いです

私の友人(Aさん)の話です。Aさんは一人娘さんをもつシングルマザーです。10年前に離婚した今、娘さんは高校2年生。今、子どもさんの教育費がMAXだそうです。自分の貯金、学資保険など頼っても足りないと言っています。Aさんは、調停離婚し、養育費は受け取っていないようです。・・・というか、離婚時に取り決めた養育費の支払いはすぐに止まり、結局、踏み倒されたそうです。

養育費の踏み倒しなんて許しません!

養育費の踏み倒し、絶対、許さない!

養育費の取り決めをしている母子世帯は半分以下で、また、継続して養育費を受け取っているのは3割ぐらいといわれています。ということは、養育費の受給率が低いうえに、踏み倒しされている母子世帯が多いのだといえ ...

続きを見る

養育費を払ってもらえなくなると生活ができなくなり、いわゆる死活問題です。確かに公正証書や調停などで法的に養育費を取り決めるのがベストなんでしょうが、もっと簡単に養育費をもらい続ける方法がないのでしょうか?

子どもさんのことを考えると養育費は必要なものです。元の御主人と連絡を取りたくない方もいることでしょう。そんなとき、あなたに代わって、未払いになっている養育費の回収や請求を行ってくれるところがあるんです!こちらは無料で相談にのってもらうことができ、しかも法律のプロの方がしっかり養育費の回収や請求をしてくれるのでとても心強いです。そして、なにより成功報酬型なのでお金がかからず、すぐにお願いすることが出来るんです

必見 未払いになっている養育費のこと、聞いてみるチャンスです!
こちらの無料相談がおすすめです!

あきらめないでください!養育費を受け取るべきです

長い間、養育費が支払われていない方もあきらめずに相談してみることをおすすめします。過去にさかのぼって請求できる場合もあります。養育費の回収が出来たときだけ手数料を支払うというスタイルなところもあり、今すぐに費用面で負担がかかることはありません。養育費を支払ってもらえないようなことがあったとしても費用はかからないので、安心して相談にのってもらえます。

必見 養育費の回収ができた時だけ手数料を支払うといった完全成功報酬型なところ

知っていますか?養育費がもらいやすくなったことを!

2020年4月1日の民亊執行法の改正により今までよりも給与や財産を差押えやすくなったんです!裁判所を通じた「第三者からの情報取得手続き」が利用できるようになりました!

2020年4月1日に法改正されました

養育費の不払いについて 取り決めたはずの養育費の不払い、泣き寝入りするしかないのでしょうか?最初は支払ってくれていたけど、だんだん滞り、しまいには払わなくなった。しかも督促しようとしたら携帯電話はつな ...

続きを見る

養育費は子供のために支払われるものです!

各自治体も独自のサービスを展開しています!

養育費の不払いを無くすための各自治体の取り組み

離婚された方、または今後、離婚する予定のある方で、養育費について心配されている方も多いのではないでしょうか?この先子どもが大きくなるまでにちゃんと養育費を払ってもらえるのかどうか心配なことと思います養 ...

続きを見る

明石市が養育費の立替制度を導入、全国初!

【明石市】養育費立替制度を導入

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業業績の悪化を受け、ひとり親世帯にとっても家計所得が減少しているのが現状です。多くの自治体がひとり親世帯に一時給付金を独自に支給しており、国も低所得のひとり親世帯に5 ...

続きを見る

松戸市にお住いの養育費の不払いのひとり親家庭の方に朗報!

松戸市 養育費不払い世帯に6万円支給へ

母子家庭が貧困に陥る原因の一つに離婚相手の養育費不払いがあります。母親は派遣やパートなど非正規雇用の割合が高く、コロナ禍で収入が減り生活が厳しくなっているのが現状です 養育費をもらえていないひとり親家 ...

続きを見る

民間の養育費保障サービスをご存じですか?

2020年6月にZOZO創業者である前澤さんが養育費保証サービス事業に参入したことで養育費保証サービスはさらに多くの注目を集めることになりました。

参考 養育費保障サービスを展開している会社はこちら

養育費保証サービスってどんな仕組みなの?

子どものいる夫婦が離婚する際、子どもと離れて暮らす親が養育費を負担するのが原則ですが、実際の離婚においては養育費の未払いが発生していることは事実です。 養育費保証サービスは、養育費に未払いが生じた場合 ...

続きを見る

参考 前澤さんが始めた養育費保障サービス「小さな一歩」について

養育費の不払いは認めません!

養育費の取決めは、本来であれば離婚届を出す前に公正証書にしておくことが一番安心ですが、相手が公正証書を作ることに応じないなど様々な事情で公正証書にできなかった時は、離婚後でも簡単に利用できる養育費の調停を家庭裁判所へ申し立てすることをおすすめします

養育費の調停は申し立ても簡単で単なる話し合いの場です。しっかりと養育費を支払ってもらうためにも、養育費の支払いがストップしたときももちろん、思い切って申し立てましょう!また、再婚した場合でも養育費を受け取る権利はなくならないので、子供にとって元配偶者は真の父親なのは確かですので、再婚したとしても養育費の支払いを受けるべきです!

養育費の不払いで悩んでいませんか?

養育費を払わなかったらどうなる? 養育費を払ってもらいたいのに払ってもらえない。相手の財産を差し押さえようにもどのような財産があるのかわからないので差押え手続きもできない。 そんなときは 債務者に財産 ...

続きを見る

相手が養育費を払ってくれないときの対応

  • 1.相手に直接連絡する
  • 2.内容証明郵便で請求
  • 3.調停・審判を申し立てる
  • 4.履行勧告・履行命令を行う
  • 5.強制執行する

養育費の支払いをしない元配偶者に対して、着信拒否や住所変更などで連絡が取れなくなっている場合や、資金的に余裕があるにもかかわらず、金欠を装っている場合は、養育費回収に強い弁護士の力を利用するのも一つの手です!

養育費回収に強い弁護士へ相談を

こちらの弁護士事務所のおすすめポイント

  • 着手金が無料
  • 相談料が無料
  • 回収時に初めて成功報酬が発生
  • 土日・休日でも連絡が可能

離婚の準備に入った方は必ず養育費の取り決めを!

離婚準備には必ず養育費の取り決めを

離婚を考えている方の大半はどのような手順によって離婚成立まで進めればいいのか?どういった離婚準備をするべきかわからないのではないでしょうか? 一般的な離婚の進め方について まずは、夫婦それぞれに言い分 ...

続きを見る

もし、離婚時に養育費の取り決めをしておらず、離婚後に請求する場合は、まず元夫婦間で協議することになりますが、話がまとまらなければ、家庭裁判所に養育費請求調停を申し立てることも可能です

養育費は離婚後にも請求できるのか?

子どもの養育費について、取り決めしないまま離婚。養育費が支払われていない場合、離婚後に元配偶者に対して支払いを求めることはできるのでしょうか? 養育費とは? 「養育費」というのは、未成熟の子どもを監護 ...

続きを見る

養育費は、子どもの心身の成長を支える大切な費用です。それを支払うことは親として当然の責任といえます。できる限り、お互いが納得するかたちで支払われるのが理想ですが、なかなか難しいケースもあるようです。

このような理由で養育費が未払いになっていませんか?

一つでも当てはまる場合は、おひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。『弁護士に相談する』となると、少し躊躇するかもしれませんが、養育費は、あなたが生きていくうえで、そして何より大切なお子さまのため、お子さまの将来のために必要なものです!

あなたに代わって弁護士が未払い養育費の相談・請求を行います

未払い養育費代理請求ドットコム

・着手金、相談料は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

離婚前後に受けられる支援もあります

離婚前後に受けられる支援について

離婚前後に支援を受けることができることをご存じですか? 離婚するにあたり、経済的な面ではもちろん、物理的・精神的に生活していくことが難しいと考えていませんか?そんなことはありません。まずお住まいの市区 ...

続きを見る

申請すると支給される手当について

母子家庭では、子どもがいる家庭を対象としたものだけでなく母子家庭のみ受けられる手当もあります。シングルマザーになったらすぐに申請しておくことをおすすめします

『ひとり親控除』が新設されたことをご存じですか?

税制改正によって創設!「ひとり親控除」をご存じですか?

『寡婦控除』が見直されました! 健康保険料、年金、住民税、自動車税、所得税など月々の支払いや税金が負担になっていませんか?ひとり親に適用される「寡婦控除」が見直され、令和2年度分から性別・婚姻の有無に ...

続きを見る

新型コロナウィルス対応関連による支援について

新型コロナウィルス対応関連による支援

事業主(個人のフリーランス・法人)の方向け 個人の方向け 事業主(個人のフリーランス・法人) ひとり親世帯への給付の支援の内容 新型コロナウイルス感染症特別貸付 「持続化給付金」個人事業主に最大100 ...

続きを見る

児童手当

母子世帯に限らず、中学校卒業までもらえる手当になります。所得制限がありますがほとんどの母子家庭は対象となるでしょう。3歳未満は15,000円、3歳以上小学校終了前までは10,000円(第3子は15,000円)、中学生は10,000円支給されます

児童扶養手当

ひとり親世帯を対象としていて子どもが18歳に達する以後の3月31日まで支給されます。支給金額は扶養人数や収入によって異なり、全部支給と一部支給があります。金額は、子ども1人の場合、全部支給が42,910円、一部支給が42,900~10,120円。対象となる子どもが2人以上いる場合、2人目の子どもは全部支給が10,140円、 一部支給が10,130円~5,070円を加算。3人目以降は1人につき全部支給が6,080円、一部支給が6,070円~3,040円加算されることになります。

児童育成手当

東京都では、子どもが18歳になってから最初の3月31日を迎えるまで、一人当たり13,500円の児童育成手当が支給されます。所得制限がありますが、該当する方は申請しておくことをおすすめします

住宅手当

自治体によっては、20歳未満の子どもを養育している母子世帯に住宅手当が支給されることになります。家計の中でも住居費の割合は大きいため、お住まいの自治体で住宅手当が支給されているか確認しておくといいでしょう

子どもにかかる教育費について

シングルマザーにとってお金の悩みは尽きないものです。特に金額の大きい教育費はどのくらいかかるのでしょうか?

no image
子供の教育費について

子供1人あたりの学費 子供1人あたりの教育費は、小学校~大学まですべて公立に通った場合はおおよそ980万円弱。また、小学校~中学まで公立、高校から大学は私立(理系)に通った場合、おおよそ1,460万円 ...

続きを見る


 

Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2021 All Rights Reserved.