離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

シングルマザー必見!引越し費用が安くなる?

何らかの理由で引っ越しが必要になったときに心配なのが、引っ越し費用です。急な出費が必要になるかもしれないので、なるべく、引っ越し費用は最小限におさえたいですよね。

シングルマザーの引っ越しにかかる費用

シングルマザーが引っ越す際にかかる費用はだいたい以下のようになります。2人暮らしの引っ越し費用の目安です。

距離 距離の目安 通常期(5月~1月) 繁忙期(2月~4月)
~15km未満 同市区町村 66,176円 75,049円
~50km未満 同都道府県 65,345円 74.108円
~200km未満 同一地方 73,664円 163,300円
~500km未満 近隣地方 130,183円 193,386円
500km以上 遠距離地方 171,632円 150,222円

費用は、引っ越し先までの距離や引っ越しをする時期によっても大きく異なります。とはいえ、まだ子どもが小さく、家具が少ないなど、大人2人よりも荷物が少なくなる場合は、目安より安くなる可能性もありますので、業者に確認すると良いでしょう。

例えば、家具や家電なども含めて荷物が少ない場合は、「単身パック」を利用したほうが安くなります。なぜなら、単身パックの費用は、移動距離が長くても繁忙期でも、10万円以下で済む傾向があります。

初期費用はどのくらいかかる?

1カ月分の賃料に対し、以下のような初期費用もかかりますので、注意しましょう。初期費用とは敷金や礼金、仲介手数料など入居時に発生する諸費用のことです。ただし、費用が発生する項目については、不動産会社によって異なりますので、確認しておくといいでしょう。

内訳 費用の目安
敷金 0~2ヵ月分
礼金 0~2ヵ月
仲介手数料 0.5~1ヵ月分+消費税
前家賃 1ヵ月分
火災保険料 15,000~2万円
鍵交換費用 1~2万円
保証料 家賃の30%~1ヵ月分もしくは1~3万円

引っ越し費用をおさえることはできる?

引っ越し費用をおさえるためには、業者や引っ越しをする時期選びがポイントになります。場合によっては、値引き交渉も可能なので、提示された金額をそのまま払うのではなく、交渉してみることをおすすめします。

引っ越し費用の目安は、業者によって料金設定が異なりますので、複数の業者から見積もりを取って比較してみることが大切です。

シングルマザーが利用できる制度

シングルマザーが引っ越しの際に受けられる助成制度や支援制度は多数あります。内容や条件はお住いの自治体ごとに異なるため、現住所では対象外でも転居先では利用できる可能性もあります。

住宅助成制度

住宅の助成金も各自治体が独自に行っているものになります。あなたのお住いの自治体でも取り入れているかもしれませんので、お住いの自治体で、住宅手当が受けられるかどうかを窓口で確認してみましょう。

シングルマザー必見!ひとり親世帯向けの住宅手当が受けられる?

シングルマザーが利用できる住宅手当は、各自治体が独自に行っているものです。あなたのお住いの自治体でも取り入れているかもしれません!お住いの自治体で、住宅手当が受けられるかどうかを窓口で確認してみると良 ...

続きを見る

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

条件にあてはまれば、「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」で引っ越し費用を借りることもできます。住宅を移転するために必要な資金の貸し付けをしてくれる制度のことで、上限は26万円までとなっています。

一度にまとまった金額を用意するのが難しい場合は、制度を利用して引っ越し費用の準備ができますよ。また、この母子父子寡婦福祉資金貸付金制度で借りられるのは、引っ越しの資金以外にも生活資金や就学支度資金、医療介護資金など複数の項目があります。

保証会社紹介制度(滞納家賃一時立替制度)

一般的に、賃貸住宅の契約時は保証人が必要となりますが、状況によっては保証人をお願いできる人がいないことも考えられます。そのような時に利用できるのが、「保証会社紹介制度」になります。

「保証会社紹介制度」とは、保証人がいなくて賃貸住宅を借りられない場合に、保証会社を紹介してもらえる制度のことです。

自治体によって制度の有無や内容が異なるため、自治体の窓口で確認してみることをおすすめします。

シングルマザーが引っ越し後にやるべき手続きとは

引っ越し後にしなければいけない手続きがいくつかあります。例えば、児童扶養手当や医療助成制度、就学援助など、制度ごとに変更届が必要になります。

引越し後にやるべき手続き

  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 就学援助
  • 医療助成制度
  • 福祉乗車券手続き
  • 上下水道基本料金減免

などです。また、新たに利用できる制度がないかなども役所で確認しておくことも大切です。

シングルマザーが受け取れる手当などを見直しましょう

ひとり親家庭が受けられる公的支援について

離婚後の心配事はいくつもありますが、特にひとり親家庭となる場合は、経済的な面はもちろん、再就職や子育てに関する不安があります。様々なケースで公的支援を受けることができますので、チェックしておくといいで ...

続きを見る

シングルマザーの数は増加しています

母子家庭(シングルマザー)になった一番多い理由は「離婚」で全体の約80%と言われています。また、母子家庭世帯の平均年収は243万円(平成28年度)です。

育ち盛りの子どもを抱えての生活や教育費にお金がかかる時期なので、経済的に苦しい状況にあるといえるでしょう。

元夫から養育費がもらえてないのも貧困理由です!

シングルマザーの経済的な困窮を招いているとして問題視されているのが、元夫からの養育費の不払いです。

養育費の不払いで悩んでいませんか?

養育費の支払いに関して口約束しかしていない場合や全く取り決めをしていない場合は、調停を申し立てるか公正証書の作成を行うことが先決です。養育費の調停は離婚後いつでも申し立てることができますので、相手が公 ...

続きを見る

このような現状を受けて、とくに途中から養育費が不払いとなった母子世帯を救済するために、養育費を立て替える制度を導入している自治体も登場しています。また、自治体によっては、養育費の確保支援事業の取り組みを開始しています。
養育費の不払いを無くすための各自治体の取り組み

離婚された方、または今後、離婚する予定のある方で、養育費について心配されている方も多いのではないでしょうか?この先子どもが大きくなるまでにちゃんと養育費を払ってもらえるのかどうか心配なことと思います養 ...

続きを見る

養育費回収に強い弁護士への相談を

元夫と連絡が取れなくなった…とあきらめている方、まだ方法はあります!いまさら元夫に公正証書を作ってなんて言えない!養育費は欲しいけど、元夫と話すなんて・・・口もききたくないという方も必見です!

日本全国どこからでも相談できます

あなたのお住いはどちらですか?未払いの養育費を代理請求できるところを紹介します!
全国の養育費相談窓口一覧

厚生労働省は、母子家庭等自立支援の一環として、 平成19年度に各地方自治体の母子家庭等就業・自立支援センターに養育費専門相談員を配置することを決定しました。養育費相談支援センターを東京に設置し、 社団 ...

続きを見る

\日本全国どこからでも相談可能です!/

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.