離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

イントラストの「養育費保証」サービスとは

ひとり親世帯では全体の2割程度しか受け取っていないという養育費。未払いとなった場合、最大12ヵ月分の養育費を保証します、と宣言したイントラストの「養育費保証」サービスはご存じですか?

民間の養育費保証サービスは、提供している会社によって以下の条件が異なるんです。

養育費保証サービスによって異なる条件はコレ

  • 申込要件
  • 保証金額
  • 付帯サービスの有無

この3つの条件が状況や要望に合致していることが、一番重要な選択ポイントになりますね
イントラストの提供する「養育費保証」とはどういった内容なのでしょうか?

「養育費保証」について

サービスの流れ

1.マイページに登録する
登録情報を送信すると仮パスワードがメールで届きますので、ログインする

2.マイページから審査情報の入力を行い、申請をする
入力後、1~2日で結果の回答が届く

3.契約の申込みを行う
契約書の締結、口座の手続きを行う

4.保証開始
初回保証料の入金確認後、保証開始となる

サービスの仕組み

イントラストが養育費を支払う方の連帯保証人となり、未払いが生じた際に養育費の立替えや督促を行うといったシステムです。

立替金はイントラスト側の債権として回収するので養育費を受け取る方が相手に催促をする必要がなくなるんです!

保証の概要

  • 最大12ヵ月分までを保証します
  • 立替金の回収を保証会社として行います

「養育費保証」サービスの保証料について

保証料について

  • 初回保証料:月額養育費の100%
  • 更新保証料(1年毎):月額養育費の30%または50% ※プランにより異なる
  • 事務手数料:454円または227円(共に税別) ※プランにより異なる

保証更新の流れ

1イントラストから養育費を受け取る方に更新の案内が届きます

更新月の2ヵ月前に、更新の案内と更新保証料の支払用紙が郵送されます

2更新保証料を入金する

更新保証料を入金期日までに支払いが完了すると更新手続きが完了します

3保証継続

保証が1年間継続されます。

養育費保証サービスを更新するには更新保証料が必要になります

養育費保証の更新保証料

1年ごとの更新が必要で、プランにより金額は異なりますが、更新保証料として、月額養育費の30%または50%を支払わなければいけません

「養育費保証」サービスを利用するにあたり

「養育費の支払いを取り決めた書類」があることが前提となりますので、養育費の支払いを取り決めた書類がある方は、誰でも審査を受けることが可能です。もし、取り決めをお持ちでない方は、プロの方に作成してもらうとスムーズです。

取り決めを行っていない方は

経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。未払い養育費代理請求ドットコムでは、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

未払い養育費代理請求ドットコム

・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

口約束しかしていなかった養育費の取り決め

離婚をするときに、離婚公正証書を作成しないこともあるでしょう。当事者間だけで作った協議離婚合意書のみがあるケース、養育費の支払いが口約束だけで協議離婚合意書を作成していないケースなど。または、養育費の ...

続きを見る

また、審査の際には、支払人の情報が必要になりますので、予め準備しておくとスムーズです

民間の養育費保証サービスについて

「養育費保証」サービスを行っている会社はこちら

まとめ

「養育費保証」をはじめ、養育費保証サービスを展開する会社の保証内容などは以上の通りですが、国をあげてひとり親家庭の子育て・生活支援の事業が展開されており、市役所や区役所などのホームページなどで情報を収集することも大切です。支援の対象になるか否かは自分で判断せずに、今一度、担当者に判断してもらうと様々なひとり親支援や養育費のサポートを受けられるかもしれません。各自治体においても未払いになっている養育費について取り組みを行っています。

>>各自治体の取り組みはこちら

Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2021 All Rights Reserved.