離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

札幌市のひとり親家庭支援制度について

ひとり親家庭の支援制度は、ひとり親になったからといって自動的に支援が開始されるわけではありません。制度を受けるためには、基本的に自分で申請する必要があります。北海道札幌市で実施されている『ひとり親家庭支援制度』についてご紹介します。

児童扶養手当

ひとり親支援制度の中でもっとも知られているのは児童扶養手当になります。この制度は、子供が18歳に達する日以降最初の3月31日までが支給対象となります。ただし、母親の所得額や扶養人数などによっても異なりますので注意が必要です。2019年11月から年6回、奇数月に各2カ月分の手当が支給されています。

ひとり親家庭等医療費支給制度

シングルマザーにとって医療費はとても大きな出費のひとつです。子供の医療費はひとり親であるかないかに関わらず助成されます。そこで、ひとり親で要件を満たすことができれば、母親の医療費も助成され、ひとり親家庭で18歳に達した日以降の最初の3月31日までの児童も助成対象となっています。

子供の助成内容は、非課税世帯、年齢などで異なります

【小学2年生までの児童、または生計を主として維持する方が住民税非課税で小学3年生以上の児童の場合】
・初診時に一部負担金:医科580円、歯科510円、柔道整復270円
※医療機関の窓口で支払いが必要となります。

【生計を主として維持する方が住民税課税で小学3年生以上の場合】
・1医療機関ごとに支払う入院外の自己負担額は3,000円、入院は57,600円。
・1ヵ月の入院外の自己負担限度額は18,000円、入院は世帯で57,600円となっています。

ひとり親家庭等日常生活支援事業

ひとりで子供を育てているシングルマザーにとって気になるのは、「もし自分が病気になって入院することになったら、子供たちはどうなるのか」ということではないでしょうか?また、病気以外にも就職活動のために一時的に子供の世話ができないこともありますよね。

実家が遠くて頼れる人が近くにいない場合、どうしても自分のことが後回しになりがちで、病院へ行ったり、就職活動ができないということも多いのではないでしょうか。そんな時に家事や子供の保育や食事の用意など身の回りの支援をしてくれる制度があることをご存じですか?この制度を利用する場合は、事前登録が必要となりますが、1疾病または1事由にあたり年10回以内を限度に利用することが可能なんです。

【かかる費用】
生活保護世帯及び住民税非課税世帯:0円
児童扶養手当支給水準の世帯:1時間当たり150円

母子父子寡婦福祉資金貸付事業

この事業は、母子家庭や父子家庭等を対象に、生活の安定や子供の福祉のため、各種資金の貸付けを行う事業です。生活を送るなかで、子供の教育資金や就職準備、または住宅の改修などまとまったお金が必要な時にお金がないということもあるかもしれません。そうした時に、この母子父子寡婦福祉資金貸付事業を利用することができます。

貸付金の種類

貸付金は借りる理由によって12種類に分けられており、それぞれ借りることができる限度額や返済期間も異なります。多く利用するのは、子供の教育に関する「修学資金」や「就学支度金」になるでしょう。

高等職業訓練促進給付金事業

シングルマザーが自立して安定した生活を送るためには、安定した収入の確保が必要になります。生活の安定を図り、就職に有利な資格の取得を促すために、養成学校の受講期間中に給付金を支給する制度です。札幌市では下記の資格が適用となります。

看護師・准看護士・社会福祉士・介護福祉士・製菓衛生師・保育士・調理師・栄養士・作業療法士・理学療法士・歯科衛生士・美容師・理容師・臨床検査技師・臨床工学技師・言語聴覚士・社会福祉士 など

札幌市は高等職業訓練促進給付金事業の対象となる資格が多く、シングルマザーの自立や就業支援が充実しているので、どのような資格が適用されるのか確認しておくと良いでしょう

自立支援教育訓練給付金

高等職業訓練促進給付金も就職のための資格取得に特化した支援になりますが、自立支援教育訓練給付金もシングルマザーの自立の促進を図ることを目的としています。高等職業訓練促進給付金は養成学校に通うことや資格が決められていますが、自立支援教育訓練給付金は雇用保険制度の一般教育訓練給付金の指定教育訓練講座が対象となっています。給付金の金額は、講座受講のために支払った入学金や受講料の6割に相当する額で、上限は20万円までとなっています。

ひとり親家庭支援センター

札幌市のひとり親家庭支援センターにおいて、市内に住むひとり親と寡婦を対象に生活一般、養育費にかかる相談、教養講座の開催、交流場所を提供しています。
【ひとり親家庭相談】
・特別相談・・・予約制で就業、生活、養育費等にかかる法律相談や悩みごとに関する心療相談
・教養講座・・・意識の向上を図るため、健康管理、趣味、暮らしに関する講座を開催

困った時に助けてくれる相談機関を利用しましょう

札幌市にはこの他にも悩みや困ったことをいつでも相談できる窓口がたくさんあります。困った時に助けてくれる相談機関を利用し、そして必要な支援を積極的に受けていくことをおすすめします

養育費に関して困ったことはありませんか?

養育費の不払いで悩んでいませんか?

養育費を払わなかったらどうなる? 養育費を払ってもらいたいのに払ってもらえない。相手の財産を差し押さえようにもどのような財産があるのかわからないので差押え手続きもできない。 そんなときは 債務者に財産 ...

続きを見る

必見 札幌市で養育費問題に強い弁護士をお探しの方はこちら

未払いになっている養育費はございませんか?

養育費は子どものための大切なお金です!約束した限りはきちんと約束を守って子どもの成人まで支払い続けることが大切です!もし、養育費を長期間支払っていないなどの事情で、困ったときや対処方法がわからない場合には、弁護士に相談するようにしましょう

ひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。未払い養育費代理請求ドットコムでは、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

未払い養育費代理請求ドットコム

・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

ひとりで悩まずにまずは無料相談を!

養育費をちゃんともらえてますか?
未払い養育費を代理請求してくれるところがあるんです!

財産分与や子どもに関する事項についての合意に関して一定の条件を満たす公正証書を作成しておくと相手が合意を守らない場合、家庭裁判所の調停や審判の手続をしなくてもその公正証書を基に強制執行の手続きをすることが可能です

必見 こちらの無料相談がおすすめです。
LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ。24時間電話対応しています。

Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2021 All Rights Reserved.