離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

共同親権について

離婚を考えている方で、未成年の子どもの親権について相手と話がまとまらないという方も多いのではないでしょうか?

現在の日本では、離婚後の親権は、単独親権のみが適用されており、離婚後は母と父のどちらか一方しか親権者となることができないルールとなっています。

しかし、日本でも共同親権の導入が検討されているのをご存じですか?もし、そのようになった場合、メリット、デメリットが発生することは言うまでもないでしょう。

共同親権とは?

共同親権とは、父母両者が子どもに対する親権を有する制度のことです。現在の日本でも、父母の婚姻中であれば、共同親権が認められています。しかし、離婚後は父母のどちらか一方しか親権を持つことができません。

そのため、離婚時には子どもの親権をめぐって争いが絶えないのは言うまでもありません。また、離婚後に片方の親にしか親権が認められませんので、養育費が支払われない、面会交流が行われない、というケースがたくさん発生していることも大きな問題です。

単独親権とは

共同親権と単独親権の違いは、離婚後も夫婦が共同して子どもを育てていくのか、離婚後は一方の親がひとりで子どもを育てていくのかということです。

共同親権が導入された場合のメリット

両親の協力のもと子育てができる

離婚後にひとりで子どもを育てていくのは大変ですが、共同親権が導入されると離婚後も両親が協力して子育てをしていくことができます。片方の親だけが過大な負担を負うことがなくなりますし、離婚後に子どもに会えなくなるという心配も少なくなるでしょう。

両親からの愛情を受けられる

子どもの成長にとって、両親がそろっている方が望ましいことは言うまでもありません。子どもが寂しさに襲われることもありませんし、「両親から愛されている」という安心感を持つこともできるでしょう。

離婚時の親権争いの回避

現在であれば、離婚時に親権を獲得しようと激しい親権争いを繰り広げる方はたくさんいます。

親権者が指定されたことで、お互いにしこりが残ってしまい、親同士として良好な関係を築くことは難しくなるでしょう。

そこで、共同親権が導入されることで、離婚時の激しい親権争いを回避することにもつながります。

養育費がスムーズに支払われやすくなる

単独親権であれば、親権を獲得できなかった側の親は、子どもに会える機会も減り、面会交流を拒否されるなら「子どもに会えないのにお金だけ払わされるのは不当だ」ということで、養育費を支払わない相手も多いのが実情です。

共同親権が導入されることで、両親ともに子育てに関わり続けるようになるため、相手も自発的に養育費を支払うといった気持ちになりやすいでしょう。

面会交流がスムーズに行われやすい

共同親権が導入された場合、面会交流も親権の内容のひとつとされるでしょうから、面会交流を拒むことは基本的にできなくなります。子どもと離れて暮らしていても、親権者ですので、今までよりも面会交流を行いやすくなるでしょう。

共同親権が導入された場合のデメリット

子どもに負担がかかる

共同親権が導入されたからといって、離婚前のように親子がそろった状態で過ごせるわけではありません。父と母、それぞれ別々に会うことになるため、子どもは面会交流のために多くの時間を費やさなければならないでしょう。

また、両親が同じ家にいるわけではないので、子ども自身の生活の基盤がわからなくなり、精神的に不安定になる恐れもあります。

そして、教育方針も異なりため、子どもが板挟みになるといったことも考えられます。

離婚しても近くに住まないといけなくなる

共同親権が導入された場合、面会交流を円滑にするためにも、父母が近くに住む必要性が高くなるでしょう。しかし、離婚した場合、遠方に引っ越したいという人もいるでしょうが、状況的に遠方に引っ越すことが難しくなるかもしれません。

DVやモラハラから逃れることができない

単独親権制の下では、配偶者から自分や子どもがDVやモラハラを受けている場合、離婚することによって配偶者から逃れることができます。この場合、面会交流を拒否することも許されるでしょう。

しかし、共同親権が導入されると、離婚しても親子ともにDVやモラハラから逃れることができなくなってしまうおそれがあるといえるでしょう。

きちんとした法整備を!

共同親権についての導入の検討に加えて、離婚後の養育費の支払いや、別居する親子の面会交流をめぐる新たな制度も考えて欲しいものです。

シングルマザーが収入を増やすためには養育費の確保が必要です!

育ち盛りの子どもを抱えての生活や教育費にお金がかかりますので、経済的に苦しい状況にあるのは事実です。だからこそシングルマザーが収入を増やすためには、養育費を確保する必要があるんです。

養育費の平均額について

平成28年度全国ひとり親世帯調査では、養育費の取り決めについては以下のとおりです。

養育費の取り決めをしている母子世帯の割合 42.9%
離婚した父親から養育費を現在も受けている人の割合 24.3%
養育費の取り決めをしている人の平均月額 4万3,707円

母子世帯のうち半数以上が養育費の取り決めをしておらず、養育費を現在も受けているシングルマザー4人に1人になります。養育費のある人だと平均で月4万円程度をもらっていますが、4人中3人は自分の給料や手当だけで生活していることになります。

元夫から養育費がもらえてないのも貧困理由です!

シングルマザーの経済的な困窮を招いているとして問題視されているのが、元夫からの養育費の不払いです。

養育費の不払いで悩んでいませんか?

養育費の支払いに関して口約束しかしていない場合や全く取り決めをしていない場合は、調停を申し立てるか公正証書の作成を行うことが先決です。養育費の調停は離婚後いつでも申し立てることができますので、相手が公 ...

続きを見る

このような現状を受けて、とくに途中から養育費が不払いとなった母子世帯を救済するために、養育費を立て替える制度を導入している自治体も登場しています。また、自治体によっては、養育費の確保支援事業の取り組みを開始しています。
養育費の不払いを無くすための各自治体の取り組み

離婚された方、または今後、離婚する予定のある方で、養育費について心配されている方も多いのではないでしょうか?この先子どもが大きくなるまでにちゃんと養育費を払ってもらえるのかどうか心配なことと思います養 ...

続きを見る

養育費回収に強い弁護士への相談を

元夫と連絡が取れなくなった…とあきらめている方、まだ方法はあります!いまさら元夫に公正証書を作ってなんて言えない!養育費は欲しいけど、元夫と話すなんて・・・口もききたくないという方は必見です!

no image
未払い養育費の相談窓口

このような悩みをお抱えではありませんか? 元配偶者が支払いに応じてくれない 突然の不払い、勤務先や住所がわからない 養育費を勝手に減額。生活に困っている 給料が減り、養育費が払えないと言われた 取り決 ...

続きを見る

養育費の未払い問題に関して、ひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。こちらの法律事務所では、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、あなたに代わって養育費の請求・回収を行ってくれます。また、無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

養育費未払いの無料相談窓口


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.