離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

養育費は離婚後にも請求できるのか?

相手と話し合いの場を持つのも苦痛で、子どもの養育費について、取り決めをしないまま離婚したという方も多いのではないのでしょうか。離婚後でも元配偶者に対して支払いを求めることもできますので参考にして下さい。

必見 養育費問題に強い弁護士をお探しの方はこちら

養育費とは

「養育費」というのは、未成熟の子どもを監護・教育するために必要な費用になります(子どもの生活費や医療費、教育費など)。親権者となって子どもを育てている一方の親(子どもの父か母)が、もう一方の親に対して支払いを求めることになります。

経済的・社会的に自立していない未成熟の子どもに対する養育費の支払いは強い義務とされていますが、支払いをする親自身の生活に余裕がないなどの理由で支払わない方がいるのも現状です。

離婚時に養育費の取り決めをしていた場合と取り決めをしていなかった場合において養育費の請求方法が変わってきますので、ケース別に説明します。

取り決めのある場合

公正証書あり!養育費の請求の仕方について

すでに公正証書や調停書がある場合、養育費請求調停を行わずに元配偶者の財産を差し押さえることが可能です!そして、家庭裁判所での調停や審判などの取決めを守らない場合、裁判所からそれを守らせるための勧告をす ...

続きを見る

取り決めがない場合

養育費は必要に応じていつでも請求することができます。その場合は裁判所に「調停(養育費請求調停)」を申し立てるのが有効な方法となります。

養育費請求調停とは?

養育費請求調停とは、家庭裁判所で調停委員(2名)立ち会いのもと行われる養育費の支払いに関する話し合いのことです。

「実際に養育費がどのくらいかかっているか」、「申立人(調停を求めた人)と相手方(申立人の夫または妻)にどのくらいの収入があるか」などの一切の事情に関して、双方から事情を聞いたり、資料の提出を求めるなどして状況把握したうえで、調停委員が解決案の提示や解決に向けた助言などを行います。調停は、あくまでも双方の合意が目的になりますので、調停委員が当事者の意思に反して養育費の内容などを決めることはありませんので安心してください。

調停での話し合いでお互いの合意が得られなかった場合はどうなるのかしら?
そのような時は、自動的に審判手続きが開始され、裁判官が判断(金額などを決める)をすることになります。

調停や審判で決まった内容については強制執行(相手方の給料などを差し押さえて強制的に養育費を支払わせること)も可能となるようです!

申し立てする費用って高そうだけど大丈夫なの?

必見 養育費問題に強い弁護士をお探しの方はこちら

養育費請求調停の申し立て費用と必要な書類について

申し立てにかかる費用

●収入印紙(子どもひとりにつき1200円分)

●連絡用の郵便切手(各裁判所によって異なるようです)

必要な書類

●調停申立書とその写し

●未成年者の戸籍謄本

●申立人の収入に関する書類(源泉徴収票写し・給与明細写し・確定申告書写し・非課税証明書き写しなど)

調停を利用している人ってどんなケースなんだろう?

調停を利用している方たちはこんな人

  • (元)夫婦だけでは話し合いがまとまらないとき
  • どちらかが応じないなど、話し合いができないとき
  • 収入が減ったなどの事情によって支払う側が養育費の減額を望む場合
  • 支払う側の収入が増えたなどの事情により、受け取る側が養育費の増額を望む場合
  • すでに決まっている養育費の滞納が続く場合
このようなケースの場合は調停を利用した方がスムーズに話が進むかもしれませんね。そして以下のようなことを決めることができます

養育費請求調停で決める内容について

調停で決められること

●そもそも養育費を支払うのか

●支払うことが決まった場合は養育費の金額

●養育費の支払い方法

●子どもが何歳になるまで支払うのか

養育費を子どもが何歳になるまで支払うかについては法律では定められていないため、「成人になるまで」とされることが多いものの、子どもが大学に進学する場合は22歳まで、高校を卒業してすぐに働く場合には18歳までなど、当事者間で約束することが必要です

必見 養育費問題に強い弁護士はこちら。全国どこからでも無料相談ができます。
LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ。24時間対応しています

まとめ

養育費は、子どもの心身の成長を支える大切な費用になります。それを支払うことは親として当然の責任といえます。できる限り、お互いが納得するかたちで支払われるのが理想ですが、なかなか難しいケースもあるかと思います。

そのような場合には、おひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。養育費の未払い無料相談窓口では、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

養育費未払いの無料相談窓口は


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.