離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

養育費請求調停が不成立の場合、どうなる?

夫婦の話し合いで養育費の取り決めがまとまらず、裁判所へ養育費請求調停の申し立てをした場合、話がまとまるとは限りません。

調停不成立になれば、自動的に審判に移行され、裁判官の判断によって養育費の取り決めが決定されることになります。

必見 未払いの養育費、あなたに代わって回収してくれるところはこちら

相手が養育費請求調停に現れないこともあります

養育費請求調停が開かれたのはいいですが、相手が調停に現れないというケースもあります。裁判所の養育費請求調停というのは、調停委員が同席し、夫婦の意見をすり合わせて合意をはかる場です。

もし、どちらか一方が養育費請求調停に現れない場合は、調停不成立となり、調停は終了されます。夫婦が揃わなければ、夫婦両者の合意は図れないということです。

養育費請求調停が不成立に終わった場合

養育費請求調停が不成立となった場合、自動的に審判の手続きが開始され、次は審判に臨むことになります。

一般的に養育費請求調停から申し立てるのが普通ですが、調停の申し立てをせず、最初から養育費請求審判を申し立てることも可能なんです。

養育費請求審判の効力

審判は調停のように、夫婦の話し合いを持つ場ではありません。裁判官があなたの提出した資料や、家庭裁判所調査官の調査資料などを基に決定を下すことになります。

この裁判官の下した決定が「審判」です。この審判による決定内容は、『審判調書』として作成されることになります。

この審判が確定することで、相手に養育費を請求できる権利が認められ、養育費の支払いを受けることができるようになります。

この審判調書は、養育費が不払いになった時に、裁判所に強制執行による差し押さえの申し立てができる権利を証明する公文書になります。

養育費請求調停と審判に必要な費用

裁判所で養育費請求調停と審判に掛かる費用は大した金額ではありません。数千円ですむので、ほとんど負担とはならないでしょう。

養育費請求の取り決めを審判で決めるメリット

養育費の取り決めをしたいのに、当事者同士では話し合いがまとまらないということもあります。こんな時に、裁判所に養育費請求調停を申し立てることによって、確実に養育費の取り決めができるということがメリットでしょう。

あと、

  • 養育費の適正金額が設定される
  • 債権名義が取得できる

ということもメリットです。

適正金額が設定されるとは

養育費の取り決めで一番気になる点は、支払い金額です。請求する側は、できるだけ多く請求したいでしょうし、相手はできるだけ支払う金額を抑えようとします。相手から通常よりも少ない金額が提示されて押し切られてしまうケースも少なくありませんので、裁判所に養育費請求調停を申し立てれば、養育費は適正金額が設定されるので、このようなケースを逃れることができます。

裁判所では「養育費算定表」の相場データを基に、養育費の支払い金額が決定されます。もし、相手が提示した支払い金額が低いと感じた場合は、絶対に押し切られないようにしましょう。養育費の金額に納得ができないなら、無理に合意する必要はありません。その際は絶対、裁判所に養育費請求調停を申し立てることが大切です。

債権名義が取得できるとは

養育費の不払いは誰にでも可能性のあることです。不払いの養育費を回収する方法と言えば、強制執行による差し押さえです。強制執行による差し押さえを行うことで、高い確率で不払い分の養育費を回収することができます!

強制執行による差し押さえの際に必要な債務名義

強制執行による差し押さえを申し立てるには、「債権名義」が必要になります。裁判所に養育費請求調停を申し立てることで、下記いずれかの債権名義を取得することができます。

  • 調停調書
  • 審判調書

裁判所を介さずに夫婦で取り決めた場合は、自動的にこの債権名義を取得することはできません。取り決めを「執行認諾文言付き公正証書」として作成しなければ、債権名義を取得することはできないのです。

養育費には時効があります。時効が完成したら養育費を支払う必要はなくなりますが、時効の利益を得るためには「援用」という手続きもできます。また、離婚時に養育費の取り決めをしていなかった場合、そもそも養育費の具体的な支払い義務が発生しないことになります。

必見 未払いの養育費、あなたに代わって回収してくれるところはこちら

養育費の不払いに悩んでいる方はこちら

養育費の不払いで悩んでいませんか?

養育費の支払いに関して口約束しかしていない場合や全く取り決めをしていない場合は、調停を申し立てるか公正証書の作成を行うことが先決です。養育費の調停は離婚後いつでも申し立てることができますので、相手が公 ...

続きを見る

養育費は子どものための大切なお金です!約束した限りはきちんと約束を守って子どもの成人まで支払い続けることが大切です!もし、養育費を長期間支払っていないなどの事情で、困ったときや対処方法がわからない場合には、弁護士に相談するようにしましょう


ひとりで悩まずに経験豊富な弁護士に相談することをおすすめします。養育費の未払い無料相談窓口では、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

養育費未払いの無料相談窓口は


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.