離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

【NEWS】沖縄県内に住む女性、在沖米軍属の元夫による養育費不払いを解消

令和4年4月26日に、沖縄県内に住む女性が米国の「養育費回収システム」を使い、在沖米軍属の元夫による養育費不払いを解消したとニュースで取り上げられました。

内容は、以下のとおりです。(引用:沖縄タイムス)

沖縄県内に住む女性が米国の「養育費回収システム」を使い、在沖米軍属の元夫による養育費不払いを解消したことが、仲介する支援団体への取材で分かった。同システムは支払い義務のある元パートナーが米国にいることが条件だが、嘉手納基地内にある元夫の私書箱の住所が米カリフォルニア州であることに着目し申請。同州の裁判所は2月、元夫の給与を差し押さえ、月数万円の養育費を子どもが20歳になるまで強制徴収する決定を出した。在日米軍属から養育費を回収できたケースは極めてまれとみられる。(学芸部・新垣綾子)

女性は数年前、県内の裁判所で、元夫との離婚訴訟により、養育費などについて定めた判決を得ましたが、元夫がこの判決を無視し続けたため、昨年初めに国際家事相談支援団体ウーマンズプライド(北谷町)のスミス美咲代表に相談したとのことです。

「国内在住」の壁:在日米軍人に養育費を請求する際は、所属部隊の上官に裁判所の決定を示すことで上官から本人に支払いを促してもらえる一方、軍属はそのような軍の指揮命令系統下になく「逃げ得」が許されてきたようです。

また、相手の普段住む場所が米国の場合、米国の養育費回収システムを利用できるものの、今回のケースでは、元夫が沖縄県内におり、困難な事情が重なっていました。

スミス代表は女性が持っていた結婚当時の資料から、元夫が使う私書箱の存在を確認し、その住所がカリフォルニア州サンフランシスコであることに着目し、「米国にいる条件に当てはまるかもしれない」と同システムの利用申請に踏み切り、カリフォルニア州の裁判所から県内裁判所の判決に準じた額を元夫の給与から強制徴収する決定を受け、女性は決定の翌月から、養育費を受け取ることができているとのことです。

ここにもありますように、養育費を確実に受け取るためには、裁判所の確定判決や、それと同じ効力を持つ調停調書が必要になると言えるでしょう。養育費不払いに困っている人はまず、養育費請求調停を申し立てるなど裁判所を通すことから始めてみるといいかもしれません。

養育費を受け取れていない方は必見です!

養育費が未払いのために色々な支払いに困っていませんか?元夫と連絡をとることが嫌な方もいらっしゃるでしょう。そんなとき、あなたに代わって、未払いになっている養育費の回収や請求を行ってくれるところがあるんです!

こちらの法律事務所では、無料で相談にのってもらうことができます。あきらめていた養育費の回収や請求をあなたに代わってやってくれます。そして、なにより成功報酬型ですので、最初はお金がかからずすぐにお願いすることができます!

\24時間LINEで無料相談できます!/

必見 未払いになっている養育費を代理請求してくれるところはこちら

未払い養育費に関してのご相談はこちらから



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.