離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

養育費で起こりがちなトラブルとその対処法

養育費で起こりがちなトラブル

  • 話し合いができない、話し合いがまとまらない
  • 約束どおりに支払ってもらえない

話し合いができない、話し合いがまとまらない

話し合いがどうしてもうまくいかない場合は、家庭裁判所の「家事調停」という手続きを利用することができます。裁判と違って勝ち負けを決めるようなものではなく、裁判所があいだに入ってお互いの話を聞き、助言やあっせんをしてお互いに納得のいく結論が出せるように手伝ってくれます。

お互いに合意できたら、その内容を「調停証書」という書面として受け取ることができます。家事調停でも話がまとまらなければ、審判手続きに移行して審判を受けることもできます。

離婚前に取り決めができていなかった場合や「養育費は不要」と伝えていた場合などでも、あとから養育費を請求したり増額を希望したりすることができます。このような場合でも、基本的には話し合い、難しければ調停、調停で合意にいたらなければ審判という流れになります。

口約束しかしていなかった養育費の取り決め

離婚をするときに、離婚公正証書を作成しないこともあるでしょう。当事者間だけで作った協議離婚合意書のみがあるケース、養育費の支払いが口約束だけで協議離婚合意書を作成していないケースなど。または、養育費の ...

続きを見る

約束どおりに支払ってもらえない

話し合いの結果、養育費を受け取る約束をしていたのにその約束を守ってもらえないということも考えられます。そんなときに取れる手段としては次の3つが考えられます。

約束どおりに支払ってもらえない時に取る手段

  • ①家庭裁判所に調停の申し立てをする
  • ②家庭裁判所に履行勧告の申し出をする
  • ③強制執行の手続きをする

①家庭裁判所に調停の申し立てをする

口約束や自分たちで用意した書面による約束だった場合は、まず家庭裁判所の調停を通して法的・公的に認められる形で約束の内容をはっきりさせます。

養育費の請求調停を申し立てるとは

養育費の請求調停を行う場合、どうすればよいかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 養育費の請求調停について 養育費について話合いがまとまらない場合や話合いができない場合、子を監護している親 ...

続きを見る

②家庭裁判所に履行勧告の申し出をする

調停を済ませてもまだ支払ってくれない、調停離婚したときに決めた内容を守ってもらえない、裁判離婚したときに決まった判決のとおりにしてくれないといった場合、家庭裁判所に申し出をすれば、裁判所から相手に対して取り決めを守るよう説得したり勧告したりしてもらうことができます。

公正証書あり!養育費の請求の仕方について

すでに公正証書や調停書がある場合、養育費請求調停を行わずに元配偶者の財産を差し押さえることが可能です!そして、家庭裁判所での調停や審判などの取決めを守らない場合、裁判所からそれを守らせるための勧告をす ...

続きを見る

③強制執行の手続きをする

約束の内容を記載した公正証書がある場合やすでに調停や裁判で約束の内容が決まっている場合は、強制執行という手段を取ることもできます。この方法で、相手の給与や預貯金、不動産などを差し押さえて強制的に養育費の分を回収することができるというわけです。

no image
強制執行で養育費を回収する方法

離婚して母親ひとりで子どもを育てていくには経済的にも大変なことです。だからこそ、養育費が非常に重要で、元パートナーには養育費を支払う義務があります。 それにもかかわらず、養育費を払わない元パートナーも ...

続きを見る

困ったときは公的機関や弁護士に頼りましょう

公正証書の作成や裁判所への申立てなど、慣れない手続きばかりで悩んでしまうことも多いと思います。そんなときは、ひとりで抱え込まずに相談しましょう。例えば、国の「養育費支援相談センター」では無料の電話相談やメール相談を受け付けています。

各地方自治体にある「母子家庭等就業・自立支援センター」でも、養育費専門の相談員による無料相談のほか、ひとり親のための保育サービスの提供や仕事探しの手伝いなどさまざまな支援が受けられます。

法的手段に出ることを決めているけれど費用面で迷っているなら「法テラス」に頼るという手もあります。法テラスでは、収入が一定額以下などの条件を満たせば無料で弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談できるほか、着手金など依頼にかかる費用をいったん法テラスに立て替えてもらい、あとから分割で支払っていくことのできる制度もあります。

そのほかにも、自治体独自の支援策を打ち出している場合もありますので、一度お住まいの市区町村や都道府県のホームページを確認してみるとよいでしょう。

子どもを最優先に、養育費を考えましょう

「もう相手と関わりたくない」とか「養育費を支払うだけの収入も意思もなさそう」と自己判断してしまい、話を切り出さずに養育費の受け取りをあきらめてしまう人も多いようです。

養育費は子どもの今後のためにとても重要なことですし、養育費等について協議等する場合には、「子の利益を最も優先して考慮しなければならない。」とされています。自分では難しいと思ったら、迷わず専門の相談員や弁護士などに相談することをおすすめします。

養育費をきちんと受け取って、親子が離婚後も安心して暮らせるような選択肢を少しでも増やしていけるといいですね。

養育費未払いの無料相談窓口では


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2024 All Rights Reserved.