離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

養育費の未払いで給料の差し押さえはできる?

養育費が支払われない場合、給与の差し押さえは可能?

相手から養育費が支払われない場合には、強制執行により相手の給与を差し押さえることができます。

強制執行とは、支払い義務を果たさない者の財産を、裁判所が法律に基づいて強制的に差し押さえ、受け取る側の権利を守ってくれることです。

養育費を支払わない相手の給与を差し押さえする方法

養育費を支払わない相手の給与を差し押さえるために、まず、強制執行の申し立てを行います。強制執行の手続きのためには、以下のような証明になるものが必要になります。

  • 公正証書として作成した離婚協議書
  • 裁判の調停調書

いずれの書面もない場合は、強制執行を申し立てるために、裁判を行わなければいけません。

注意①強制執行の申し立てには相手の情報が必要になります

裁判所に強制執行を申し立てる場合には、元配偶者の次のような情報が必要になります。

  • 現住所
  • 勤務先
  • 金融機関名・支店名

いずれの情報も間違っていると差し押さえができませんので、事前に確認しておく必要があります。

相手の現住所がわからない場合は、戸籍謄本を取り寄せることで確認が可能となります。

住所のわからない元夫から養育費を回収する方法

離婚時に養育費の取り決めを行っている夫婦は全体の半分にも満たないのが現状です。そして、継続して養育費を受け取っている母子世帯は2割程度だと言われています。 つまり、養育費の取り決めをしても結局、未払い ...

続きを見る

勤務先がわからない場合は、様々な手段を取り、確認をとりましょう。また、金融機関名・支店名さえわかれば、口座番号は不明でもよいのですが、それさえわからない場合は、弁護士に調査を依頼することも考えた方がいいでしょう。

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

注意点②公正証書に強制執行の許諾を明記する必要がある

離婚協議書や裁判の調停調書には、次の2点が記載されているか確認しましょう。

  • 養育費の金額
  • 強制執行に対する許諾文

公正証書や裁判の調停調書には、誰が誰にいくら支払うのかという情報と、「もしも支払いを行わなかった場合は、強制執行してもいいですよ」と、相手側の許諾を示す内容が記載されていることが必要になります。

注意点③給与の2分の1の額までしか差し押さえできません

強制執行によって差し押さえが可能なのは、相手の手取り給与の2分の1までの額を上限に差し押さえが可能です。(相手の手取り給与が66万円より少ないの場合)。

強制執行により差し押さえが可能な財産は、給与だけではありませんので、給与以外にも差し押さえ可能な財産があるか確認しておくとよいでしょう。

例えば、

  • 家や土地
  • 貴金属
  • 預貯金
  • 株などの有価証券
  • 生命保険の解約返戻金

などになります。相手がどのような財産がどのくらいあるのか、強制執行の申し立てをする前にあらかじめ調べておくことをおすすめします。

養育費を支払わない場合の強制執行は最終手段です

養育費を支払わない相手に対して、給与やその他財産を差し押さえる強制執行をすることは可能です。とはいっても、強制執行は最終手段としてとらえておくといいかもしれません。

相手が養育費を支払わない場合は、まず相手に催促してみるといいでしょう。催促しても素直に話し合いに応じてくれない場合には、弁護士に依頼して支払いを請求してもらうことを考えてもいいかもしれません。相手にとっても、強制執行により給与を差し押さえられると勤務先からの信用を失うというリスクがあるので、弁護士から請求されたらきっと支払いに応じてくれるはずです。

それでも支払いに応じない場合などに強制執行の申し立てを行うといいかもしれません。

養育費がきちんと支払われている母子家庭はどのくらいいるのでしょう。今までは養育費を不払いにできる抜け道がありましたが、2020年4月に養育費の不払いや滞納を防ぐために法律が改正されたことにより、債務者の財産開示手続が拡充され強化されたことをご存じですか?
養育費の不払い、滞納による強制執行

養育費がきちんと支払われている母子家庭はどのくらいいるのでしょう。今までは養育費を不払いにできる抜け道がありましたが、2020年4月より養育費の不払いや滞納を防ぐために法律が改正されたことにより、債務 ...

続きを見る

弁護士に依頼する

未払い養育費を弁護士に相談した時のメリットについて

未払いの養育費を弁護士に依頼したときのメリット

未払いになっている養育費を回収するために弁護士に頼みたい。だけど、弁護士費用が気になって弁護士に頼めない、という方は多いのではないでしょうか。弁護士費用は安くないというのが一般的な認識です。 低所得者 ...

続きを見る

養育費の未払い無料相談窓口では、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

養育費未払いの無料相談窓口は


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2022 All Rights Reserved.