離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

未払いの養育費を弁護士に依頼したときのメリット

未払いになっている養育費を回収するために弁護士に頼みたい。だけど、弁護士費用が気になって弁護士に頼めない、という方は多いのではないでしょうか。弁護士費用は安くないというのが一般的な認識です。

低所得者が多いと言われるシングルママにとって弁護士費用にためらうのは不思議ではありません。未払いになっている養育費を強制執行で差し押さえして回収するとなれば、やっぱり専門の知識と経験を持つ弁護士に依頼した方がスムーズに回収できるに決まっています。
事実、早い段階で弁護士に相談した方がいい結果となる可能性は高くなるといえます。未払いになっている養育費の回収を弁護士に依頼したときのメリットについて説明したいと思います

必見 養育費問題に強い弁護士はこちら。全国どこからでも無料相談ができます。
LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ。24時間電話対応しています。

未払い養育費の回収を弁護士に依頼するメリットはコレだ!

未払いになっている養育費は法律に則った回収が求められます。違法性を問われる回収手段を取った場合は、法的制裁を受ける可能性があるので、回収時には法的知識がどうしても必要になりますので、養育費の回収を弁護士に相談した方が良いことは明白です。弁護士に養育費回収を依頼することでたくさんのメリットを得ることができます。

弁護士に回収依頼するとどうなる?

  • 状況に応じた最適な回収方法を提案してもらえます
  • 養育費回収に必要な手続きが迅速にできます
  • 将来の養育費回収の対策ができます
  • 不払い中の負担を軽減するアドバイスがもらうことができます

状況に応じた最適な回収方法を提案してもらえる

未払いになっている養育費を回収する方法と言えば、多くの人が強制執行による財産の差し押さえを思い浮かべるのではないでしょうか?

しかし、養育費の回収方法は差し押さえだけではないんです。差し押さえ以外にもいくつもの方法があります。

差し押さえ以外の方法とは?

  • 電話やメール連絡、郵便物による督促
  • 内容証明郵便の送付による督促
  • 養育費請求調停の申し立て
  • 履行勧告または履行命令の申し立て

強制執行による差し押さえは、養育費を回収する為の最終手段といえます。不払いの養育費を確実に回収する為に最も必要なのは、迅速な対応です。不払いの養育費は回収手続きが遅れれば遅れるほど、回収できる確率は低くなってしまいます。

支払いを逃れるために元旦那さんが財産隠しをするかもしれませんし、相手が無職となっている可能性も考えられます。一刻も早く回収の手続きをすることをおすすめします。

しかも養育費には時効が存在するため、時効期間を過ぎている可能性もあります。そのため、回収できる条件が揃っているときに、迅速に手続きを進めて回収に乗り出す必要があるのです。

個人の手続きは簡単ではありません!

このような手続きを個人の力で完遂させるには簡単ではありません。特に強制執行による差し押さえが必要な場合、申し立てには以下のような3つの申立要件が必要となります。

  • 債権名義の取得
  • 相手の現住所の把握
  • 差し押さえる財産情報の把握

このような要件を満たすには弁護士に依頼した方が、断然、おすすめです。

将来の養育費回収の対策ができる

養育費の不払い問題は、不払い分を回収できれば終わりというわけではありません。養育費の支払い期間は最長22年にも及びます。そして、再度不払いとなる可能性は十分に考えられます。そうなれば再度、同じ回収手続きを踏むことになりますし、絶対回収できるという保証もありません。だからこそ、不払いを防止するためにも対応策が必要です。

そんなのどうすればいいのかなんて個人では思いつくはずがありませんよね。そこで、プロの弁護士が最善の対応策を提案してくれます。給与を差し押さえる時に一緒に申し立てたり、確定していない養育費を一括請求する、など法律に詳しくなければ思い付かないものです。

不払い中の負担を軽減するアドバイスがもらえる

不払いの養育費回収は手続きから回収まで数ヵ月を要するケースもあります。養育費を受け取れない期間は、家計への負担が大きくなることは言うまでもないでしょう。それを補うために効果的なのが、ひとり親に向けて用意されている助成金などの利用です。ひとり親が受けられる助成金については以下を参考にして下さい。

ひとり親家庭が受けられる公的支援について

離婚後の心配事はいくつもありますが、特にひとり親家庭となる場合は、経済的な面はもちろん、再就職や子育てに関する不安があります。様々なケースで公的支援を受けることができますので、チェックしておくといいで ...

続きを見る

すでに利用しているものもあるでしょうが、他にも利用できる可能性があるものもあるでしょう。その利用可能なものを紹介してくれ、申し込むためのアドバイスをしてもらえます。

しかも、不払いになっている養育費を取り立てやすくなったんです

2020年4月1日に法改正されました

養育費の不払いについて 取り決めたはずの養育費の不払い、泣き寝入りするしかないのでしょうか?最初は支払ってくれていたけど、だんだん滞り、しまいには払わなくなった。しかも督促しようとしたら携帯電話はつな ...

続きを見る

刑事罰が科せられるって本当なの?
「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」が科せられることになりました。

養育費回収に必要な弁護士費用の相場は?

弁護士費用が支払えなくてはどうしようもありません。では、弁護士費用の相場はどうなっているのでしょう?まずはいくら弁護士費用が必要なのかを、把握しておかなければ判断のしようもありませんよね。未払いの養育費の回収を依頼した場合の費用相場は押さえておくべきでしょう。

養育費の相場について

離婚したいと考えているものの、子どもを連れている場合、経済的な問題によってなかなか決断できないという人は多いのではないでしょうか。 離婚した場合、相手から養育費をきちんと受け取れるのか?など、養育費に ...

続きを見る

弁護士への依頼費用については、相談のうえ、分割払いも可能です。この分割払いを利用すれば、低所得者の多いシングルマザーの方でも弁護士を雇うことは不可能ではありません。

ぜひ、プロの弁護士に依頼することをおすすめします

養育費の請求については、自身で裁判所とやりとりをすることも可能ですが、どんなに正しい主張があったとしても「裁判官からの質問にどう答えればいいのかわからない」「どんな証拠を用意すればいいかわからない」となると、裁判官が認めてくれる可能性が低くなってしまいます。弁護士は法律のプロなので、裁判所とのやりとりに慣れていますし、証拠をそろえるために有益なアドバイスを受けることも可能です。

また、弁護士はあなたの代理人になるため、元パートナーと顔を合わすことなく、手続きを進めることも可能です

必見 未払いの養育費はありませんか?養育費問題に強い弁護士はこちら。
全国どこからでも無料相談ができます。LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ。

Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2021 All Rights Reserved.