離婚や未婚、様々な理由でシングルマザー、母子家庭になったあなた、養育費が未払いになっていませんか?養育費のこと、子どもにかかる教育費や生活費など、お金の不安を少しでも解消できたら幸いです

シングルマザーの抱えるお金の不安

養育費の強制執行でお金が取れない場合の対処法

未払いの養育費を請求しても支払ってもらえなかった場合、強制執行手続きにより強制的に支払ってもらうことができます。しかし、強制執行をしてもお金が取れないケースもあります。養育費の支払いは義務ですが、そもそも相手がお金を持っていないとなると強制執行したところで養育費を払ってもらうことができません。そんなときは、どうすればいいのでしょうか?

養育費の支払いが免除されることはあるのか?

元相手が養育費を支払えない理由として多いのが、「他の支払いでお金がない。」「自己破産していて支払えない。」などさまざまです。

しかし、養育費は経済的困窮を理由に免除されることはありません。そのため、相手配偶者が破産しても養育費の支払い義務は免除されません。

しかし、本当にお金や財産がない場合、養育費を請求しても回収できないということはあり得ます。また、離婚後に親権を持つ親が再婚し、その相手と養子縁組をした場合、親権者と養親が第一に扶養義務を負うことになりますので、元夫の扶養義務は軽減され、家事調停手続きを経て養育費支払義務の全部または一部が免除されることもあり得ます。

養育費の強制執行でお金がとれなかった場合

時期をみて再度強制執行手続きを申し立てましょう

強制執行をしても養育費を払ってもらえない場合、一度申立てを取り下げ、元夫に現金や不動産などの財産が見込まれる時期に再度強制執行手続きを申立てすることができます。

親に支払ってもらうことも検討しましょう

婚姻や離婚は個人的な問題ですので、元夫が養育費を払わないからといって親が肩代わりする義務はありませんが、親が養育費支払義務について契約書等で保証していた場合には、保証債務として履行を求めることはできます。

相談料無料の窓口を紹介します

養育費の未払い無料相談窓口では、離婚問題や養育費請求に詳しい弁護士が、それぞれの事案に合わせてアドバイスや対処法の提案をしてくれます。無料相談も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

未払い養育費を弁護士に相談した時のメリットについて

養育費未払いの無料相談窓口は


・着手金は無料!
・「回収」時に初めて発生となる成功報酬!
・迅速できめ細やかな対応はまかせて!
・土日・休日でも直接弁護士と連絡が可能!

必見 全国どこからでも無料相談ができます!
24時間対応!LINEでの相談もできますのでお気軽にどうぞ

未払い養育費に関してのご相談はこちらから

24時間対応!土日祝や夜間もOK!

まわりに話を聞いてくれそうな人がいないなど、相談したくても相談できないこともあるでしょう。状況によっては「とにかく今すぐ相談したい」「忙しくて日中相談することができない」ということもあるでしょう。

夜間や土日祝に相談できる窓口や「今すぐ」LINEで相談できる窓口をご存じですか?

未払い養育費、LINEから無料相談できます!

こちらで紹介している法律事務所は、着手金ゼロ。相談料も無料です。

通常なら解決できなくても数十万円の着手金がかかるところ、こちらの法律事務所は完全成功報酬型なので、解決できなければ、お金の支払いはないんです!
相談無料で、しかも解決できなかったら0円なら安心して相談できるわ!

\あなたに代わって養育費の請求・回収を行います!/

養育費の未払いに悩んでいる方はこちら



Copyright© シングルマザーの抱えるお金の不安 , 2024 All Rights Reserved.